為替取引はじめました。

外国為替証拠金取引(FX)の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | | この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ 消費者信頼感指数は×

次回のFOMCが3月20日です。
それまでのアメリカの経済指標を消費・物価関連に絞って日程を確認しておきます。
全体のスケジュールは前回記事に記載しました。⇒次回FOMCまでの経済指標

今回は、消費者信頼感指数です。
予想80.0に対し、結果78.1でした。

ドル円はまた102円近くまで戻ってますね。2月は残すところミシガン大消費者信頼感指数の確報値のみとなりました。これもポジティブな結果にはならなそうですから、3月の指標でよっぽど実体経済がしっかりしているところをみせないと金融緩和の早期縮小はなさそうです。ということは2月の経済指標は、ドル売りの方向に一歩傾いた結果になったと言えると思います。

[ 2014/02/26 00:21 ] 今後の見通し | TB(0) | CM(0) | | この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ1月消費者物価指数は○

次回のFOMCが3月20日です。
それまでのアメリカの経済指標を消費・物価関連に絞って日程を確認しておきます。
全体のスケジュールは前回記事に記載しました。⇒次回FOMCまでの経済指標

1月消費者物価指数です。
食品、エネルギーを除いたコアCPIの値を見ます。
予想+0.1%(前月比) 結果+0.1%
予想+1.6%(前年比) 結果+1.7%

ということでコンセンサス通りの結果でした。
ところで、市場予想ってアメリカ北東部の雪の影響は織り込んでいるのでしょうか?

もしかしたら、ある程度織り込んでいて、市場予想通りなら合格点なのかもしれないなーと昨日、今日は考えています。
というのも、昨日、今日のドル円は、経済指標発表前後から短期的には買われているからです。
東京時間にはしっかり下げてますけどね。
2月末、3月頭までは、指標結果に対してドル円が短期的にどちらに動くか注目してみたいと思います。


アメリカ北東部は今週末も広い範囲で10~20センチくらいの積雪があるようです。しかも台風並みの強い寒波が訪れるそうです。
アメリカのニュースサイトに明るくないので確かな情報か分かりませんが。



[ 2014/02/21 02:16 ] 今後の見通し | TB(0) | CM(0) | | この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ1月住宅着工件数、住宅建設許可件数は×

次回のFOMCが3月20日です。
それまでのアメリカの経済指標を消費・物価関連に絞って日程を確認しておきます。
全体のスケジュールは前回記事に記載しました。⇒次回FOMCまでの経済指標

今日は、以下の2件です。
1月 住宅着工件数 予想95万件 結果88万件
1月 住宅建設許可件数 予想97.5万件 結果93.7万件

2月に入ってから102円を挟んで横ばいですね。来月の今頃にはどちらに動くか決まっていることと思います。
プロフィール

西

Author:西
制御系のエンジニアをしております。
MT4にシグナル作らせて、送られてきたメールを見ながら仕事中にちゃちゃっとエントリーして、家に帰ってから損益を確かめる。
みたいなパターンでのんびりFX投資を楽しんでいます。
ここでは、FXの取引記録と日々感じたことを書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

ブログランキングはこちら↓↓
FX人気ブログランキング

トラックバック、リンク等ご自由にどうぞ。
メールフォームか非公開コメもらえれば遊びに行きます☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。