為替取引はじめました。

外国為替証拠金取引(FX)の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | | この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ1月個人消費支出は◎

次回のFOMCが3月20日です。
それまでのアメリカの経済指標を消費・物価関連に絞って日程を確認しておきます。
全体のスケジュールは前回記事に記載しました。⇒次回FOMCまでの経済指標

1月の個人消費支出です。予想0.1%に対して結果0.4%でまずまず強い結果じゃないでしょうか。
ただ、ドルは売られてます。というか円が買われてますね。

朝一で、ユーロ/ドルをロングしてみました。
個人的にはウクライナの件はチャートの向きを変えるほどの力はないと思いますが、、世間的には多少時間がかかるかもしれないので、ポジションは極々軽めですが。
あとはドラギ総裁のポジショントークに勝てるかどうか。

特に執着するつもりはないのでEUで金融緩和がっつり行っていくということであれば早々に損失確定しようと思います。

[ 2014/03/04 00:53 ] 今後の見通し | TB(0) | CM(1) | | この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ2月ミシガン大学消費者信頼感指数 確報値は○

次回のFOMCが3月20日です。
それまでのアメリカの経済指標を消費・物価関連に絞って日程を確認しておきます。
全体のスケジュールは前回記事に記載しました。⇒次回FOMCまでの経済指標

ミシガン大消費者信頼感指数の確報値です。
予想81.2に対して結果81.6ということで特にサプライズなしでした。
来週は雇用統計&失業率ですね。
先日のイエレン議長の議会証言では、ハト派な意見が聞かれました。
良くも悪くも今の金融緩和縮小を継続していく流れなのかなと思っています。

消費関連の経済指標で強めの結果が出てくると金利引き上げの余地が出てきますから、その兆候を掴んだ時点でドルを仕込めれば良いですね。

アメリカ 消費者信頼感指数は×

次回のFOMCが3月20日です。
それまでのアメリカの経済指標を消費・物価関連に絞って日程を確認しておきます。
全体のスケジュールは前回記事に記載しました。⇒次回FOMCまでの経済指標

今回は、消費者信頼感指数です。
予想80.0に対し、結果78.1でした。

ドル円はまた102円近くまで戻ってますね。2月は残すところミシガン大消費者信頼感指数の確報値のみとなりました。これもポジティブな結果にはならなそうですから、3月の指標でよっぽど実体経済がしっかりしているところをみせないと金融緩和の早期縮小はなさそうです。ということは2月の経済指標は、ドル売りの方向に一歩傾いた結果になったと言えると思います。

[ 2014/02/26 00:21 ] 今後の見通し | TB(0) | CM(0) | | この記事をはてなブックマークに追加
プロフィール

西

Author:西
制御系のエンジニアをしております。
MT4にシグナル作らせて、送られてきたメールを見ながら仕事中にちゃちゃっとエントリーして、家に帰ってから損益を確かめる。
みたいなパターンでのんびりFX投資を楽しんでいます。
ここでは、FXの取引記録と日々感じたことを書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

ブログランキングはこちら↓↓
FX人気ブログランキング

トラックバック、リンク等ご自由にどうぞ。
メールフォームか非公開コメもらえれば遊びに行きます☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。